ミリタリープラモをメインに作成しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五式中戦車と九二式重機関銃作成記10:ダメージ表現をしてみました。

DSCF553000321.jpg
やっと五式中戦車が完成した・・・・というわけではありません
まだまだ行う工程は目白押し・・・だけどこれから車体をいじる前に一度作りたてほやほやの全体写真を撮っておきたかった

さて前回から予告していた車輪周りの泥の汚しをしようと思ったが、難易度が高いのでなかなか手につかない
・・・困った・・・そうだ!その前に車体のダメージを行おうと思います

今回の設定は昭和21年の本土決戦の風景が題材です。
しかも昭和21年3月9日に九十九里浜に上陸したアメリカ軍に決戦を挑んで生き残った戦車です。
その為、車体が無傷と言うのは極めて不自然になります。
そこでちょこっと車体を損傷させてダメージ加工を施そうと思います。
また九十九里の戦いで第四戦車師団が壊滅したのに何故?この戦車が生き残れたのか?と言うストーリー性も加味しないとイケナイ。

さて作成の前にすこし歴史的な背景について書いていきます。
昭和20年4月8日に日本本土決戦に向けて日本を東西二つに分けて東側の担当するのが杉山元 元帥を司令官とする第1総軍が新設された
その第1総軍の最重要防衛拠点として関東地方の防衛を担当しているのが第12方面軍である
今までの戦訓で圧倒的火力を持っているアメリカ軍の上陸に際して、激しい砲爆撃が加えられる為、水際決戦はいたずらに戦力を消耗させるだけとして
艦砲射撃の射程圏外の内陸部に駐屯して敵部隊を十分に引き込んでから決戦を行う予定だったが
昭和20年6月に作戦方針が突如!水際決戦に転換したことにより、抵抗が激しい海岸線での戦闘になった。

DSCF55680070.jpg
まずは車体に銃痕をつけようと思います。
アメリカ軍との戦闘だから当然!重機関銃の激しい射撃にあうに決まっている
五式中戦車の前面装甲では12.7mm程度の機銃弾は跳ね返すが、それでも車体の塗装の剥がれや傷はあると思う
そこでミニルーターのミニコング2を使って車体に傷を付けようとと思う
だが、実際にその時代に生きているわけではない、しかも銃痕が付いている写真もそう多くない
参考になる資料が少ない中で、手探りの作業なので、実際にその様な弾痕になるかはわからない!あくまでもイメージとして見てほしい
深く削らずに少し当てた程度にする。 傷がついたところにシルバーで軽く筆塗りします。
あまり、やりすぎず、適当に傷を付けます。
DSCF55710073.jpg
さて何故この戦車が生き残ったか?と言う話を進めていきたい。
関東防衛を担当している第12方面軍には決戦兵力として第36軍があり、6個歩兵師団と2個戦車師団の編成になっていて機動打撃師団として敵上陸部隊の撃滅を目的としている。
その36軍には虎の子とも言える2個戦車師団が配備されている。そのうちの1つがこの第四戦車師団である
檜山良昭先生著書の『日本本土決戦』では3月9日に東金方面に、この第四戦車師団を投入して敵上陸部隊の殲滅を図っているがその戦闘内容は詳しく書かれておらず、
40日後の話で既に第4戦車師団が壊滅した事になっている。

そろそろ、この戦車が如何に生き残ったか?に話を戻したい。
敵の航空機を警戒して夜間行軍を行い東金方面に進出した第四戦車師団は敵の偵察警戒部隊に遭遇した。
アメリカ軍は日本の反撃を予想して、ジープやハーフトラックなどを中心とした偵察警戒部隊を数多く前方に展開してある。そのうちの一つの部隊と会敵した。
敵は小規模な偵察部隊だった為、即座に撃退できたが、先頭を走っていたわが車両に敵兵が放ったM18 57mm無反動砲が左前部の泥除けに命中し、半分ほどもぎ取った。
その際に覆帯数枚を損傷したが、幸運にも起動輪の直撃はせず、擱座することは避けられた。
ただ覆帯を予備に交換しないと進む事が出来ず、交換作業をしている間に味方は東金を越えて九十九里浜方面に進出して敵と決戦になる。
DSCF55730075.jpg
と言うことで泥除け部分の切断を行います。泥除けと言っていいのかフェンダーと言っていいのか?いまいちワカラン(苦笑
先ずは半田ごての先端にカッターを取りつけ、電源を入れて加熱します
DSCF55740076.jpg
大体どんな感じで切断しようか?鉛筆で切断する箇所を書き込みます。
DSCF55790081.jpg
半田ごてのカッターに熱が伝わるまで暇なので、ミニルーターのミニコング2を使って適当に穴をあけていきます
DSCF55860088.jpg
カッター部分が熱々なので(触れない・・・下手に触ったら大やけど・・・)( ̄◇ ̄;)
刃を当てたらすぐに表面が溶けはじめ、力を入れないでも、刃がズボっと入っていきます。そのままスーっと引いていきます。
DSCF55880090.jpg
こんな感じで綺麗に切断・・・でもでも綺麗な断面じゃあ駄目ですよね!
DSCF55900092.jpg
適当な大きさに切り取った後、断面を粗くする為にミニコング2で削る・・・または穴をあける・・・および引っかき傷をつける
まぁ~メチャクチャチャにダメージを与えます。ある意味楽しい工程(笑
DSCF56060108.jpg
泥除け(フェンダー)部分に敵弾が当たったのだからそりゃあ~衝撃が強いに決まっている
衝撃で泥除けが少し持ち上げた方が、よりリアリティーがありそうだから半田ごての熱で少し持ち上げる
DSCF56090111.jpg
またミニコング2で削る・・・または穴をあける・・・および引っかき傷をつけるの繰り返し
DSCF56110113.jpg
最後にシルバーで塗装してダメージ加工の出来上がり。ダメージ加工なんて、この平和な世の中ではそう滅多に見れるわけじゃない!だからあくまでもイメージとして見てほしい
DSCF56150117.jpg
さて話しを少し元に戻します。
覆帯の交換が完了し、味方部隊を追いかけたが、途中から逃げ帰ってきた敗残兵により道が渋滞し思うように進めなくなった
一人の戦車兵を見つけたので第四戦車師団がどうなったか?尋ねると彼はこう答えた
東金から九十九里浜近くまで大きな抵抗がなかったが、海岸線に近づいた時に敵の強力な対戦車陣地にぶつかり、進撃が止まった。
そこに多数の照明弾が打ちあがり、海上に停泊している艦艇からはサーチライトが照らされた。、それと同時に艦砲射撃の大口径砲弾が降り注いだ。
沖合いの戦艦から放たれる大口径の砲弾に加え、野砲や迫撃砲も加わり、次々と味方戦車が撃破された。
やつらはこの作戦を察知していて待ち構えていた。俺らは完全に罠に陥ったと気づいたがもう遅かった
戦車が移動不能になった為、戦車を捨てて逃げてきたと言う味方の戦車兵を責める気にはなれなかった。
そして我らもこれ以上前進しても、戦果を挙げることもできず無駄死にしてしまう事が分かっているので、敗走する味方兵と共に
撤退することを決めた。

アニメみたいなご都合主義の展開になってしまったが、戦場から生き残ると言うのは、ひとつの幸運だけではなく、複数の幸運が重ならないとなかなか生き残れない。
ましてや圧倒的に火力の違う敵の懐に飛び込むのだから、生き残ったのは奇跡に近い!
海岸線から離れた場所で、小規模の偵察警戒部隊と遭遇し、暗闇の中に放たれた敵弾が覆帯を損傷させ、しかも修理に手間取った事により海岸線の突入に遅れた
そして起動輪の破損も免れ、泥除けと覆帯数枚の損傷にとどまり車体には大きなダメージがなかった事も幸運だった。
次の戦闘に備え、大和田原方面まで退却することにした。

ダメージ加工はこんな感じで出来上がり
激しい戦闘にあった様な出来になりました。
さて次回は本当に車輪や覆帯の泥の汚しを絶対にします。・・・いや・・・たぶんやりたいです(笑
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/24(土) 11:38:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五式中戦車と九二式重機関銃作成記11:千葉県の土壌の考察 | ホーム | 五式中戦車と九二式重機関銃作成記9:気が狂いそうな履帯の作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mokkyplamo.blog.fc2.com/tb.php/212-0164ae69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。