FC2ブログ

ミリタリープラモをメインに作成しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五式中戦車と九二式重機関銃作成記17 対空擬装その3 葉っぱ地獄

DSCF6053031S.jpg
五式中戦車もそろそろ完成です。対空擬装として葉っぱを取り付けます。これが地獄の始まりです(涙
左の写真は木の幹にあたる部分でオランダドライフラワー(Super Trees) 少量パックを購入しました。これだけあれば多分一生使えます(笑
右はホビーショップ パンツァーレーアさんで購入の1/35 メープルの葉(グリーン)2個とカバノキの葉(グリーン)1個を使用しました。

オランダドライフラワー(Super Trees) 少量パック :さかつう キット ノンスケール 1214

価格:2,160円
(2017/9/30 20:03時点)
感想(4件)



DSCF6059037.jpg
戦車に載せる大きさだから先端の細い枝を使います。枝っぷりのよい部分を選んで適当な大きさにカットします。
DSCF6064042.jpg
つぶつぶの種がついているので手でほぐしながら丁寧に取り除きます。
DSCF6073051.jpg
1/35 メープルの葉を取り付けます。なんかメープルと言うと外国の固有の木みたいなイメージだけど日本的に言うとかえで(楓)です。
ちなみにかえでは福島県以南の山野に自生しているそうで、当然千葉にもあったと思います。
その葉を一つ一つ丁寧に瞬間接着剤をつけてから枝にくっつけます。
DSCF6080058.jpg
葉っぱを20個つけても全然スカスカです(苦笑
これをいったい何枚つけないといけないの「なんまいだー!なんまいだー」(´;ω;`)
DSCF6096074.jpg
かえでを作るのに飽きたので、カバノキにチャレンジ
カバノキってなんじゃらほい?今回資料としてすごく参考にさせて頂いたのが『樹木検索図鑑』さん
シラカバ(白樺)とかウダイカンバ(鵜松明樺)などのカバノキ類が多く見られるようだ
これも1枚づつ丁寧に接着していきます。
DSCF6101079.jpg
とりあえず1つ出来ました。細長い長枝に葉をつけた形にしました
むむむ・・・・なんか激しく違和感がある???
DSCF6282S.jpg
自宅にある柿の木を撮影してみました。
葉のつき方に関しても先ほどの樹木検索図鑑さんで調べてみました。
柿の木もカバノキもそうなんなんだけど、葉のつき方が交互につくつき方を互生(ごせい)と呼ばれるそうです。普段目にするのが互生だと思う。
ちなみに先ほどの葉のつき方は2枚が対になっているので対生(たいせい)と言うそうです。
DSCF6115001.jpg
泣く泣くせっかく接着したのを取り外して付け直ししました。もちろんつけ方は互生です。なんかすごく見覚えがある葉のつき方になりました。
DSCF6231014.jpg
ここまで簡単に書いてあるけど、この接着はまさに地獄の道のり、針地獄ならぬ葉っぱ地獄です!
気が遠くなりそうな・・・むしろこの地獄から逃避行したいほど(すぐに逃げてゲームしましたが・・・)の作業です(笑
葉っぱを観察すると色々な色があることに気づきます。深い緑から黄色がかった緑とか・・・これも更なる地獄作業(涙
DSCF6237020.jpg
濃緑色からロシアングリーン1とダークグリーンの混色
ルマングリーン (黄緑) だと鮮やか過ぎるグリーンだし機体内部色の黄色だとこれも少し違う気がする
だからルマングリーン機体内部色の黄色の混色をつくりました。
DSCF6240023.jpg
1枚1枚塗り分けてはいないけど、混色もわざと配合比率を変えて塗るなど、なるべく色々な色が出るように工夫しました・・・ふうー
DSCF6254037.jpg
さて葉っぱ作業前に履帯を取り付けます。
DSCF6260043.jpg
正面と砲塔上部にかえでの葉を取り付けします。この前作った擬装網に接着と自作の取り付け金具にテグスをまいて固定します
DSCF6264S.jpg
ここもポイント 陸自さんのHPなんかを見るとよく戦車の砲身に葉っぱを取り付けています。これは真似するしかないね(笑
って事で砲身にはカバノキの葉を取り付けます。左右と上部に3つほど接着した後、ロープ表現のテグスを3箇所ほどぐるーっと巻きつけて固定します。
DSCF6276059.jpg
車長用キューポラハッチを取り付けます。一応パッケージでは真横に水平になって描かれているので同じように水平に取り付けました。
DSCF6281064.jpg
擬装網例
まあ~本気で対空擬装をするとしたら!これくらいやらないとダメだと思うけど、これではモッキーはナニを作っているの???
って事にもなるし、あまりリアリティーを追求しすぎてプラモのディテールを損なうのも、本末転倒だとおもうので、何事もバランスが重要
さて次回はナニを作ろうかな?タイトルにもある九二式重機関銃もそろそろ手がけないといけないし・・・年内完成するのかな?不安になってくる(苦笑
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/30(土) 21:41:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記16 対空擬装その2 擬装網の取り付け

DSCF6017001.jpg
さて前回ガーゼに枯草色を着色して作った擬装網を車体に取り付けます。
別に擬装網は必須ではないと思うけど、木の葉などを取り付けるときに擬装網があったほうが便利だろうし、当時の日本には網なんて当たり前のようにあると思う
それを利用しない手はない!
さて網を適当な大きさにカットします。そして形に変化をつけます。
DSCF6019003.jpg
取り付ける際に注意したのがハッチや覗き窓にかからないようにします。視認性の低下につながるし、動きづらくなるのでそこは折り目などをつけて形を変えています。
DSCF6023007.jpg
あと作成でもうひとつ注意しているのがあくまでも網の形に整えるということ!具体的に書くと前の写真の車体後方の網目が縦ラインがなくて、横線が伸びている。
網目としては不自然です。だから縦横に低粘度の接着剤を流して、形を固定してからギリギリをカットします。
DSCF6026010.jpg
ホビーワイヤーだと少し太いので、テグスにロープ色として黄土色を着色してから接着
ロープが緩んでいると、品質を落としてしまうのでクリップなどを使ってしっかり伸ばしてから低粘度の接着剤を流し込みます。
DSCF6027011.jpg
形に変化をつけながら3箇所ほど取り付け金具に緩まないように接着します。
DSCF6029013.jpg
こちらも部隊マークと車載機銃の銃眼にかからないように形を整えます。
DSCF6031015.jpg
曲面の砲身はやはり擬装網がないと、葉っぱを取り付けにくいので簡単に装着しやすい網があったほうが、むしろ自然かな?
ピンセットの先で固定しておいてから、接着剤を流し込んで、まずは端を固定します。
DSCF6032016.jpg
くるっとひと巻きしてからピンセットで固定しながら、ロープの色を塗ったもので4箇所くらい擬装網を巻きます。
多少ロープで巻かれていないところが膨らむように形を整えてから、接着剤を流し込みます
先頭部分はハサミで少しカットを入れて、網が切れている表現としました。
DSCF6037021.jpg
車体前部にも同様に擬装網を取り付けます。
DSCF6038022.jpg
先ほどと同様だけど、ピンセットで固定しながらテグスが緩まないように、慎重に引っ張ります
DSCF6040024.jpg
あまり擬装網だらけだと・・・どうか?と悩んだんだよね!側面は結構目立つ場所だし、苦労して塗装したし、汚したし、それが台無しになる擬装網の取り付けには正直躊躇しました。
でも逆に一番目立つところに擬装網をしていないのは、それこそ不自然だからやっぱりつけました。
DSCF6042026.jpg
網に緩みがあり垂れ下がっているように中央部分はすこし下げ気味としました。
DSCF6118093.jpg
反対側の車体も取り付けますが、同じようだと芸がない!こちらの網は破れている様な表現としました。
はさみでカットを入れて、中央部は切れて垂れ下がっている様な形です。
DSCF6051029.jpg
さて擬装網が出来たので次は地獄の葉っぱの取り付けです。本当に地獄です
((((;゚Д゚)))))))
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/16(土) 20:37:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記15 対空擬装その1

対空偽装
モッキーはふと思った???対空擬装や予備の履帯を戦車に取り付ける時にどうしたらいいのだろうか?
1946年4月の本土決戦時には常に敵航空機の脅威にさらされている。今まで硫黄島から出撃してきたP-47やP-51は北関東までは航続距離がギリギリで戦闘空域での
滞空時間に限りがあったが、1945年11月に始まった南九州上陸「オリンピック作戦」により鹿児島・宮崎がアメリカ軍に占領されそこに約3,000機が収容できる大規模な
航空基地が建設されより近い南九州からの出撃で爆弾やロケット弾を搭載して余裕で関東に飛来することが出来る。
更に重爆撃機に加え、中型攻撃機も飛来するようになり、関東の上空は常に敵機が我が物顔で飛び回っている状態だから、対空擬装をしていないなんてありえない。
また予備の履帯も装備したい。アメリカやドイツの戦車でよく砲塔前面や側面に予備履帯をつりさげている写真を見かける。
日本ではその様な写真はあまり見かけない。日本陸軍は予備履帯を戦車に取り付けないのか?と思って探していたらありました。
type97ritaiS.jpg
撃破された九七式中戦車だが、左の写真だと砲塔部分に履帯を吊り下げている。右の写真は車体前面に載せている。
履帯が切れた時に予備がないと走行困難になるし、ただでさえ薄い装甲の日本陸軍の戦車が追加装甲代わりに履帯を利用しないのは不自然だと思います。

オリンピック作戦
予備履帯や擬装網などを取り付ける為の金具がまったくないんですよね。この戦車は・・・
まあ本当の歴史では試作段階で終戦になってしまったので、そこまで気が回らないのは致し方ないのですが、前年11月のオリンピック作戦や頻繁に空襲される関東地方では
もはや対空擬装は必須となっているので、その取り付け金具はないとおかしいでしょう?
プロトタイプで装備されていない装備は実戦を経て量産型では改良されるだろうし、万が一なくても現地部隊で取り付けることもおかしくない。
そこで取り付けられる部品を今まで作ったプラモの余りのパーツの中で探してみました。ゴソゴソ
予備履帯
エッチングパーツも捨てずにとってあります。薄い鉄の板などはエッチングパーツは使えます。
今回の取り付け金具に利用出来そうな部品はエッチングパーツの枠の部分を切断します。
戦車が追加装甲
なんとなく、それっぽい部品が出来上がりました。
戦車全周にとりつけるので長いパーツ
戦車全周にとりつけるので長いパーツを10個と短いパーツを1個作りました。
自作したパーツを戦車に取り付けます
先ほど自作したパーツを戦車に取り付けます。
ただ単に貼り付ければ良いと言うわけではなく、ちゃんと扉部分に当たらない様に接着します。
牽引用のワイヤー抑え
車体にも6個取り付けました。車体右後方には牽引用のワイヤー抑えなどの器具が取り付けてあるので、擬装網の設置にはその部品が利用できると思い
その箇所にはあえて設置しませんでした。
擬装網の設置
砲塔をぐるーーっと1回旋回させて、取り付けた金具にぶつからない事を確認します。
旋回砲塔に予備履帯を取り付ける
さて予備履帯の取り付けですが、旋回砲塔に予備履帯を取り付ける時に、裏面を接着して浮かしたら、マジックショーじゃあ~あるまい!そんなことはあり得ない
車体に溶接するという事も考えられるが、予備の履帯なので取り外せないと意味がない
だから取り付けフックを自作します。鉄のフックだと思うのでホビーワイヤーに黒鉄色で塗装します。
ホビーワイヤーを使って予備履帯の取り付け
ホビーワイヤーを履帯に巻きつけてから取り付け金具にぐるっと廻して接着
あまり力任せに引っ張ると、パーツが外れたり破損することも考えられるので手加減しながら引っ張ります。
予備履帯は黒鉄色
砲塔と車体前面にも予備履帯と2種類作りました。予備履帯は黒鉄色で塗っていますが、多少汚しはしています。だけど実際に利用しない予備なので
泥だらけなのも変なので少し汚した程度にしています。
砲塔部分の履帯は下の車体から少し浮かした状態になっています。鉄の部分なので車体と接触すると傷がつくので、履帯下部と車体との間は少し離しています。
擬装網には止血用のガーゼ
擬装網の作成に移ります。今回利用するのは歯医者さんでもらった、止血用のガーゼ!
これが手元に残っていたのでこれを使います。
ガーゼを広げると丁度網目
ガーゼを広げると丁度網目になっているのでこれが使えそうです。
でも白はいけないので適当な色を着色していきます。
陸軍で使う網って何色
帝国陸軍で使う網って何色?さっぱりわからん?カーキー色にしようか?悩んだんだけど
五式中戦車の車体を塗装した際の枯草色が余っているでその色で作りました。車体の迷彩塗装にぴったり合いそうです。
枯草色にたっぷりの薄め液
まさかガーゼに筆塗りという訳にもいかないので、枯草色にたっぷりの薄め液をつけて、そこにガーゼを浸しました。色を吸ってくれて良い感じになります。
擬装網に少し薄汚れた感じ
十分に乾かして広げてみたんだけど、少し綺麗な感じもする。もう少し薄汚れた感じも欲しいところです
エナメルブラックで汚し加工
エナメルブラックを使って汚してみました。
同じように少量のエナメルブラックを溶剤でおもいっきり薄めてからさっき着色した擬装網に浸した後に乾かします。
DSCF6016S.jpg
擬装網は出来上がりましたが車体の取り付けは次回にしたいと思います。
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/02(土) 07:56:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
まとめ

Powered By FC2ブログ. Copyright ©モッキーのお気楽プラモ道 お気楽ブログ All Rights Reserved

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。