ミリタリープラモをメインに作成しています

五式中戦車と九二式重機関銃作成記12:Mr.ウェザリングペーストを使って車輪の泥表現

1946年3月3日の天気図
1946年3月3日の天気図
唐突に古い天気図なんが出してモッキーはとうとうこの暑さで頭がどーかしちゃった!?なんて思わないでね
車輪の汚しをする前にその当時の気象状況を確認したいと思います。つまり乾いた土の上を走行するには泥はねは抑え気味だし
道が濡れてれば泥も思いっきり表現が出来る
実際にはもちろん本土決戦もなかったし、九十九里浜に米軍が上陸した歴史もない架空の話だが日時と場所は実際の記録を参考にできる。
この作品は1946年(昭和21年)4月13日 千葉県 大和田原に布陣した五式中戦車を作っているが、その前に1946年3月9日に九十九里浜に上陸したアメリカ軍を
迎え撃つべく出撃し生き残ったと言う設定です。
そこでまずは気象庁から1946年の東京の気象データを確認。1946年は戦後の混乱期だからしっかりとしたデーターは残っていないが、ある程度参考にできる
米軍が上陸したのが1946年3月1日
第4戦車師団が九十九里で壊滅したのが3月9日~10日
その期間の気象データーで注目すべきは3月3日
この日の気温が最低気温が0.4℃ 最高気温が4.2℃ 平均気温が2.3℃ しかも降水量が40.7㎜としっかり降っている。
この気温だともしかしたら雪ではないか?と思い色々調べてみました。
1946年3月3日の天気図を見ると、南岸低気圧が東進する東京で雪が降るパターン
他のサイトで確認してもこの日は東京で12センチの積雪が記録されている。
第4戦車師団が九十九里で壊滅
3月3日にある程度の量の雪が降った。それからしばらく気温が低い状態が続く。
そうなると3月9日の時点では多少雪が残っているか、または泥の状態になっている可能性が高い
ましては1946年の千葉の沿岸部は道路が全て舗装されているとは思えない。
デコボコ道や畑や田んぼがあるので、相当水分を含んだ泥の状態になると思う。
その状態を加味して車輪のウェザリングを施したいと思います。
車輪の下地としてMr.ウェザリングペーストのマッドホワイトをベースにマッドイエローを少量加えた色で軽く塗っていきます。
マッドホワイトをベースにマッドイエローを少量加えた色
中間的な色としてマッドレッドをベースにしてマッドブラウンを少量加えた色で、先ほどのマッドホワイトベースの上に重ねるように塗っていきます
起動輪などは土が溜まりそうな部分には厚盛りします。
起動輪などは土が溜まりそうな部分には厚盛りします
穴があいている所にかなりの量のウェザリングペーストを投入します。
マッドブラウンをベースに少量のマッドレッド
マッドブラウンをベースに少量のマッドレッドを加えた、やや暗めな土の色を作ります。
車輪周りや中心の突起部分基部など、泥が堆積しそうな場所
車輪周りや中心の突起部分基部など、泥が堆積しそうな場所に塗っていきます。
暗い土の表現はマッドブラウン
最後に暗い土の表現はマッドブラウンを載せていきます
色を混ぜ合わせて、車輪に乗せていきます
色が単調にならないように、色を混ぜ合わせて、車輪に乗せていきます。
初めて使ったウェザリングペースト
初めて使ったウェザリングペーストで初めて泥表現を行ってみました。
少しやりすぎ感は確かにあるけど、こんな所ですかね?
次はキャタピラも同じように作っていきます。
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/23(日) 19:10:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記11:千葉県の土壌の考察

tibadojyou.jpg
五式中戦車の車輪周りの汚れを行う前に一つ調べたいことがある。
千葉県の土壌はどのようになっているのか?・・・こだわり派のモッキーとしてはこれを調べないととても気になって仕方がない
他のプラモのサイトや雑誌でティーガーやパンターなどの土や泥を付けた作例を参考にしているが、そもそも、ヨーロッパの土と日本の土の違いはあるの?
また今回の作品の舞台となるのが千葉県の八千代周辺になるが、そこの土に関しても調べないといけない
そこで色々サイトを探してみたら農研機構と千葉県ホームページにあった千葉県農耕地土壌の実態と変化について参考にさせてもらいました。
まずは農研機構の日本土壌インベントリーを元に千葉県八千代周辺の土壌図を見てみると八千代周辺の土の分類は黒ボク土になるようです
黒くてホクホクしているので黒ボク土と呼ばれていて火山灰を由来として日本の国土の30%を占めているのが、世界的には1%未満の希少な土らしい。
また九十九里浜近くは褐色低地土と呼ばれる黄褐色の土壌が分布している。
黄>茶>黒
こんな色の分布した土が混在していると思ってよさそうだ
黒ボク土と言うより褐色低地土に近い黄褐色の土
自宅の土を採取しました。黒ボク土と言うより褐色低地土に近い黄褐色の土です。
これに水を加えて、泥の状態を作ってみました。
泥が固まった状態
泥が固まった状態と薄くのばして、乾いた時の色の変化を見てみました。
薄く伸ばした状態が薄い黄色になるのと、黒っぽい色の土
薄く伸ばした状態が薄い黄色になるのと、黒っぽい色の土になることが分かる。
日本で車輪や履帯が付いているのは?って言うとやはり陸上自衛隊
土の色は薄い黄色から茶色そして、黒っぽい色という事だが、実際にどのように車輪や履帯に土がついているのか?
それも参考資料を探してみました。
まずは日本で車輪や履帯が付いているのは?って言うとやはり陸上自衛隊
陸自に戦車などの土の付着状況を色々参考にしました。次に着目したのは土木作業現場にある重機
これも車輪や履帯に多くの泥や土がついています。
また車で走っている時に、工事現場の重機を見つけると、おのずと目が向いてしまう。
しかも道を歩いても、つい下を見て土を見てします。目線が下を見ながら歩いているので危なくて仕方がない
早く作らないと交通事故になってしまいそう(苦笑
GSiクレオスさんのMr.ウェザリングペーストを購入
土の色などが分かったので、実際にどのように土の表現をおこなうか?・・・がまた悩みどころ
また色々なサイトを参考にしていたら良いのを発見しました。
GSiクレオスさんのMr.ウェザリングペーストを購入
Mr.ウェザリングペースト マッドブラウン
Mr.ウェザリングペースト マッドイエロー
Mr.ウェザリングペースト ウェットクリアー
Mr.ウェザリングブラシセット SOFT(大・小各1本入)
を揃えました。
Mr.ウェザリングペーストのマッドブラウン
左からMr.ウェザリングペーストのマッドブラウン/マッドイエロー/ウェットクリアー
マッドイエロー
プラ板に実際に塗ってみて乾いてからの色の変化を確認しました。
左から
マッドブラウンとマッドブラウンのウェットクリアーを混ぜたもの
マッドイエローとマッドイエローのウェットクリアーを混ぜたもの
マッドブラウンとマッドイエローを1:1の割合で混ぜたものとそれにウェットクリアーを混ぜたもの
上のサンプルの土と合わせるとマッドイエローのウェットクリアーを混ぜたものが一番近いが、常にウエット状態になるので
乾いた土にしてはあまりよろしくない
もう少し赤みが欲しいし乾いた状態だとむしろ白っぽい
マッドホワイト
って事で
Mr.ウェザリングペースト マッドホワイト
Mr.ウェザリングペースト マッドレッド
を新たに追加
しかも薄め液がないのでMr.ウェザリングカラー専用うすめ液も合わせて購入
結局ウェザリングペーストフルセットを揃えてしまった(苦笑
マッドホワイトとマッドレッド
また先ほどと同じようにマッドホワイトとマッドレッドをそれぞれウェットクリアーを混ぜたものと混ざないものをプラ版にのせてみました
車輪や履帯に実際にMr.ウェザリングペースト
それぞれ単色だと、色がイマイチ合わないので混色することにしました。
乾いた薄い土の場合はマッドホワイトをベースにマッドイエローを少量加えます。
中間的な茶褐色の色はマッドレッドをベースにしてマッドブラウンを少々加えます。
そしてかなり暗い土の表現はマッドブラウンで行う事にしました。
それでは車輪や履帯に実際にMr.ウェザリングペースト を載せていきましょう・・・って事は次回にします。
現在作成途中でまだ作業が完了していません!いやぁ~ヒッパルなぁ~(苦笑
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/09(日) 11:40:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0