ミリタリープラモをメインに作成しています

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その3 汚し塗装・合わせ目消し




村雨型宇宙巡洋艦作成記第3弾です。前回までで船体の組み立てが完成しました。でもそのままだと綺麗過ぎちゃうんですよね。なんかおもちゃっぽくなるので多少墨入れと汚しを行います。
村雨型宇宙巡洋艦
金剛型宇宙戦艦と同様に今回もエナメル塗料のフラットブラックを溶剤で薄くして墨入れをします。
エナメル塗料は伸びが良くて凹部分に筆でちょっと触れるだけで塗料が流れ込んでいきます。


村雨型宇宙巡洋艦 汚し 
凸部分の周辺も立体感を出す為に汚しを入れていきます。

村雨型宇宙巡洋艦 汚し塗装
薄く塗料を乗せていきます。あとで拭き取るのであまり神経質にならないで、気楽な感覚で汚していきます。

村雨型宇宙巡洋艦
この様な感じで汚しを入れていきます。
ある程度乾いたら今度逆に溶剤を綿棒につけて、汚しを落としていきます。


戦闘艦としての重量感
廃艦じゃないのであまりひどい汚れ方ではなく多少汚れている程度になるように拭き取っていきます。
モッキーは船の場合は艦橋から艦底にかけて縦方向に拭き取っていきます。
汚れが縦方向になることで戦闘艦としての重量感をだします。


上部第1砲塔付近
汚しているとモッキーとしてはどうしても見逃せない部分に気づいてしまいました。パーツの貼り合わせで上部第1砲塔付近に縦に伸びる合わせ目。
こちらは是非消しときたいですね。

タミヤセメント流し込みタイプ
小さなラインの場合はタミヤセメント流し込みタイプが低粘度なのでこれでラインをなでるようにして表面を溶かしていきます。
ラインが目立たなくなってきたらサンドペーパーで磨いていきます。

第1砲塔後方はくぼみが酷い
第1砲塔後方はくぼみが酷くて先ほどのやり方ではちょっと無理なので違う方法でやってみます。
ここでくぼみを直すには瞬間接着剤ゼリー状がとっても便利です。

IMG_2116S.jpg
くぼみ部分にちょっと盛り上がるように多めに瞬間接着剤を塗っていきます。ゼリー状が良いのは広がりにくく盛り上げるように塗ることが出来るので
モッキーは瞬間接着剤はゼリー状しか使いません。


合わせ目消し
盛り上がるように塗っても硬化すると目減りしてしまい少し盛り上がる程度になります。

Mr.ポリッシャーPRO 軽作業
硬化した瞬間接着剤はモッキー愛用の便利グッズMr.ポリッシャーPRO 軽作業用の400番で荒削りしその後800番1000番とヘッドを換えてきれいに磨いていきます。



↑上の写真をクリックすると購入できます

合わせ目消し
きれいに磨いたら黄色で塗装をして主砲の載せました。目立つ合わせ目はこの様にきれいに消すことが出来ましたのでチャレンジしてみてください。
艦名はあぶくま
デカールを貼って完成!今回の艦名はあぶくまにしました。

墨入れと汚し
墨入れと汚しを入れると立体感が強調され、小さいプラモデルでもほんのチョットだけ立派になりました。みなさんも是非挑戦してみてください。



ヤマトガールズコレクション

森雪 艦内服  岬百合亜 艦内服 山本玲 パイロットスーツ


続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/29(火) 22:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その2 隙間処理




宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦作成記の第2弾です。船体の作成に入っていきます。
この艦は金剛型と違い色がかなり分かれているので
船体のブロック構造もそれに合わせてちょっと複雑になっています。すこし金剛型より作りづらいですね。しかも隙間があきやすいので隙間処理に関してブログしちゃいます。

村雨型宇宙巡洋艦
パーツを組み立てるときに凸部分があると隙間が開いたりしちゃうのでゲートはきれいに処理をしておきたいですね。
ゲート処理は村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その1を参照して下さいね

タミヤセメント流し込みタイプ
モッキーは主にこのタミヤセメント流し込みタイプをつかって製作しています。こちらは低粘度なので隙間に流し込みやすいのでとっても便利です。
クリップがあると隙間が開きにくくとてもきれいに作れます
接着するときにはこの様なクリップがあると隙間が開きにくくとてもきれいに作れます。
ノギスで固定
ノギスも長さを測るだけじゃなくて、工夫をすれば固定するのにも使える!とっても便利
IMG_2081S.jpg
それでもやっぱり隙間が目立つ!
隙間が目立つ所はタミヤセメントを流し込む
隙間が目立つ所はタミヤセメントを流し込んで隙間を軽減させていきます。
艦尾の安定翼
船体が大体出来てきました。隙間もある程度埋まって何とか目立たない程度になってきました。
・・・ここで失敗に気づきました。艦尾の安定翼かな?取り付けるの忘れていました・・・汗
接着しちゃった後なので壊さないに艦尾にデザインナイフを入れて慎重に切開・・・涙

デザインナイフを入れて慎重に切開
安定翼はあとで取り付けようと思ったんだけど、はめ込み式になっているので艦尾を取り付ける前に翼を取り付けないといけない構造になっているんだようね
タミヤセメントを流し込んでやすりがけ
とりあえず翼を取り付けましたが、切開したところは多少傷になっているのでそこはタミヤセメントを流し込んでやすりがけをしてきれいに形を整えました。
タミヤセメントでは埋めきれないほどの隙間
ここはちょっとタミヤセメントでは埋めきれないほどの隙間です。
瞬間接着剤ゼリー状がとっても隙間処理には便利
その場合は瞬間接着剤ゼリー状がとっても隙間処理には便利です。ただしそのままつけちゃうと船体の余計な部分にも接着剤がついてしまって、
処理が大変だから細いものにつけて接着剤を塗っていきます。

細かい接着
刃が劣化したデザインナイフなどは捨てないで取っていたから、こう言うような細かい接着などにとっても便利です。
瞬間接着剤をつけたら1日ほど硬化
瞬間接着剤をつけたら1日ほど硬化するまで待ちます。そのあとやすりで余計な接着面を削り取って塗装します。
村雨型宇宙巡洋艦の船体の作成
村雨型宇宙巡洋艦の船体の作成が終わりました。次は墨入れと汚しに関してブログします。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/27(日) 17:46:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その1 ゲート処理に関して





今回は宇宙戦艦ヤマト2199に登場する。国連宇宙海軍 極東方面空間戦闘群 連合宇宙艦隊所属 村雨型宇宙巡洋艦の作成記です。
プラモデルの作成で基本的なゲート処理をメインに書いています。

村雨型宇宙巡洋艦
前回金剛型宇宙戦艦キリシマのブログでも書きましたが基本的には難しい事は一切ありません!ニッパーで切り取って説明書通り組み立てて、接着剤を流し込む!
そしてデカールを貼るくらい。特別な技術はいりません。
ハイこれでオシマイ!って終わらせちゃうとプラモ趣味のモッキーの名折れになっちゃうので多少の小ネタを入れ込んでブログしちゃいます。


国連宇宙海軍 極東方面空間戦闘群 村雨型宇宙巡洋艦
パーツの切り取り方は少しゲートを残して切り取ります。
何故そうするかと言うと、パーツの断面で直接切ってしまうと断面が白化してしまったり、傷つけてしまったり、削れてしまったりしまうのでちょっと離した位置で切り取った方が良いです。

村雨型宇宙巡洋艦 ゲート処理
少しゲートを残してあります。これからゲート処理をしていきます。
デザインナイフで切る
カメラ持ちながらの撮影だからこんな切り方になっているけど、実際にはパーツをしっかり持って若干ゲートを残し気味にしてデザインナイフで切っていきます。

紙やすりで削っていきます
多少ゲートが残っている状態です。これから紙やすりで削っていきます。
Mr.ポリッシャーPRO 軽作業
モッキー愛用の便利グッズMr.ポリッシャーPRO 軽作業用で削っていきます。やすりは粗い400番・600番・800番で目の細かい1000番まで使い分けています。
取り替えようのパーツをそろえておくとやすりがけがとっても簡単に行えます。




↑上の写真をクリックすると購入できます


400番で粗く削る
まず400番で粗く削っていきます。
1000番できれいに磨いていきます
400番だと傷がついてあまり良くないので水をつけながら1000番できれいに磨いていきます。
村雨型宇宙巡洋艦 ゲート処理
まあこの様なゲート処理をしないと作れないわけじゃないし、モッキーも面倒だとニッパーで処理しちゃうこともあります。
ゲート部分も船体内部に隠れちゃうのはそれ程神経質に処理しなくてもいいです。
曲線になっているパーツとか、目立つ部分のパーツなどはこの様に処理した方が

見栄えが良くなります

次回は組み立て風景をブログします。



ヤマトガールズコレクション

森雪 艦内服  岬百合亜 艦内服 山本玲 パイロットスーツ


続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/26(土) 19:10:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙戦艦ヤマト2199 金剛型宇宙戦艦『キリシマ』 2013年初作り 

宇宙戦艦キリシマ
新年明けましておめでとうございます。本年もモッキーのお気楽プラモ道をよろしくお願いします。
今年最初のプラモ作成は宇宙戦艦ヤマト2199に出てくる宇宙戦艦キリシマです。
ミリタリー系中心で作成しているけどたまにはこの様なキャラクター系も作成してみようと思いました。
しかもモッキーは大のヤマトファンで以前ヤマトファンクラブにも入っていました(照
ヤマトファンのモッキーは実写版を除けばTV版から劇場版まで全て見ています。今でもたまに見ています。
正直この宇宙戦艦ヤマト2199は期待していなかったんですが、見事に裏切られてヤマトファンも納得の作品になっています。最初のヤマトには出てこなかった、土方竜や山南艦長・
山崎機関長や平田キャップなど、後の作品にでてくるメンバーも登場してテンションあげあげ!MAX!!
今年はテレビ放送もするそうなのでヤマトファンじゃなくても是非おススメになっています


1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1
バンダイから発売されている1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1を購入しました。
モッキー的には1/350か、せめて1/700位のキットが欲しい所ですが商売上このサイズが適当なんですかね?



↑上の写真をクリックすると購入できます

金剛型宇宙戦艦『キリシマ』を作成
部品点数はそこそこあります。この金剛型宇宙戦艦の他に村雨型宇宙巡洋艦と磯風型突撃宇宙駆逐艦があります。
今回は金剛型宇宙戦艦『キリシマ』を作成してみました。

金剛型宇宙戦艦『キリシマ』の組み立て
作成はいたって簡単!パーツを組み合わせるだけ!特に難しいところはマッタクなし!レゴのブロックを作っている様にパーツを張り合わせて、
低粘度のタミヤセメント流し込みタイプで隙間を埋めていきます。

Mr.ポリッシャーPRO 軽作業用
ニッパーで切る時多少ゲートを残しておいて、そこでモッキー愛用の便利グッズMr.ポリッシャーPRO 軽作業用の600番できれいに削っていきます。



↑上の写真をクリックすると購入できます

キリシマのスミ入れ
パーツを張り合わせるだけだと船体が綺麗過ぎてメチャクチャおもちゃっぽくなりますのでスミ入れと多少の汚しをしていきます。
使う塗料はエナメル塗料のフラットブラックを溶剤で希釈してでスミ入れをしています。ちょっと濃いとは思ったんですがアニメっぽさを強調するのでこの色で塗りました。
また粘度が低いので簡単にモールドにしみこんでいきます。
エナメル塗装フラットブラックで汚し
船体がほぼ完成したので全体的に汚しをしています。こちらもエナメル塗装フラットブラックをうすめて無造作に塗っていきます。
あとは綿棒で多少の汚れを残しつつふき取っていきます。
モッキーは船などの重量級の汚しは縦方向(艦橋から艦底までの流れ)にふき取っていきます。その方が重量感を演出できます。

重量級の汚し
台座が白でちょっとチャッチイからつや消し黒で塗りなおしました。
IMG_2035S.jpg
さてモッキーの苦手なデカールです!また長い!最大の難所かもしれない!とりあえずスライドしながら貼り付けます。
キリシマのデカール
デカールを密着させる為にデカール軟化剤を塗っていきます。Mr.マークソフターを塗っていきます。
これで船体にデカールを密着させることが出来ますが、これを塗るとデカールが脆くなりますので
密着させたあと位置をずらすことが難しくなります。無理に動かすと切れちゃいます。




↑上の写真をクリックすると購入できます

デカールの余白をカット
余白が大きく、どうしても空気が入り込み船体部分が白く反射してしまうのでデカールが定着したのを見計らってデザインナイフできれいに切っていきます。

IMG_2039S.jpg
無理にはがすと船体に定着しているデカールまで切れちゃうので慎重に余白の部分を取り除きます。
軟化剤をつけて綿棒で押し当てて定着
船体名も軟化剤をつけて綿棒で押し当てて定着していきます。強く押し当てるとずれたり切れたりしますのでやさしく丁寧に!
金剛型宇宙戦艦「キリシマ」が完成
さて金剛型宇宙戦艦「キリシマ」が完成しました。むかし風に言うと沖田艦になりますが、今はチャンと船名がついているのですね。
次回は村雨型宇宙巡洋艦の作成をブログしちゃいます。


沖田艦
宇宙戦艦キリシマの写真
宇宙戦艦キリシマ
YouTubeで公開しています宇宙戦艦キリシマの映像です。こちらも合わせてご覧になってください




ヤマトガールズコレクション

森雪 艦内服  岬百合亜 艦内服 山本玲 パイロットスーツ


続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/12(土) 12:19:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0