ミリタリープラモをメインに作成しています

五式中戦車と九二式重機関銃作成記26 ジオラマその8 ジオラマ小物の作成2

DSCF7194001.jpg
前回に引き続き今回も小物の作成を行います。ジオラマにとって結構小物って重要だと思うんですよね。
戦場は雑多な道具が多くあるのが普通で、スッキリ整理整頓されるとむしろ違和感を感じる。
今回の小物は日本陸軍将校セットから作っていきます。
DSCF7195002.jpg
机と椅子と九二式歩兵砲薬莢木箱の作成ですが、今回は歩兵砲はないので九二式歩兵砲と書かれているデカールは貼りません。
でも木箱って戦場にあってもおかしくないので普通の木箱として置きます。
DSCF7198005.jpg
イメージとしては机の色は学校机の少し淡い色を想像しちゃうんだけど
取説だとレッドブラウンと指定されている・・・悩んだ挙句に今回はマホガニーで塗ります
DSCF7202009.jpg
木箱の色は机以上に悩ましい。タミヤの XF-57バフの指定になっているが、この色は持っていない。
ネットで色見本を調べるとエナメルのバフは甲板色に使うタンに近いが、アクリルのバフは少し緑がかった色なっている???
仕方がないのでタンに少し緑色のコックピット色(三菱系)を混ぜて調合しました。
DSCF7203010.jpg
果たしてこの色が良いのかは?はっきり言ってよくわからない???パッケージを見るとむしろタン?って感じの色だけど??
DSCF7207014.jpg
土嚢の色もかなり気に入らない。前回の作成の時には、軽い気持ちでカーキ色で塗ってしまったが、やはり違和感がある。
土嚢は麻袋で作ることが多いので、色合い的にはタンに近いんではないかと思う
DSCF7208015.jpg
見慣れた土嚢の色になった!これで違和感解消
DSCF7210017.jpg
前回と同様に土嚢にMr.ウェザリングペーストのマッドレッドを少し擦り付けて完成。
DSCF7263022.jpg
九二式小絡車にケーブルを付けていきます。ケーブルは黒のテグス2号を巻きつけます。
DSCF7265024.jpg
机には作戦地図と発電機と九四式六号無線機を乗せます。
DSCF7268027.jpg
最後に先ほど作った九二式小絡車を机の脇に置いて、更に九二式電話機を置けば小物の完成
DSCF7271030.jpg
これで野戦陣地として形が出来てきました。次は最後の・・・しかも最大の難関!モッキーの苦手なフィギュアの作成に取り掛かります。
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/18(日) 14:25:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記25 ジオラマその7 ジオラマ小物の作成1

DSCF7165057.jpg
さてジオラマの作成もだんだん進んできているが、今回は小物を作ってきたいと思います。
ジオラマも地形を作ればそれで終わりという訳ではなく、それを表現する小物の存在も大切です
今回は戦争映画などでよく見かける土が崩れないようにした土留めと階段の土が雨で流出しないようする木の板の作成を行っていきたいと思います
DSCF7166058.jpg
前回ベース枠を作ったのと同じカワイのバルサ材ですが、こちらは2㎜厚とやや薄いタイプを使用しました。
まずは土留めを作成するので幅は戦車壕に合わせてカットします。
DSCF7167059.jpg
ただ切って張り合わせだけだと、あまりリアリティがないので、木と木の間に汚れを表現するために、Mr.ウェザリングペーストのマッドレッドを少し塗っていきます
DSCF7168060.jpg
木と木の間の隙間に土色が付くことにより、木の立体感が強調されます。
また陣地を作ってからさほど時間が経ってないはずなので、木の汚れの表現は控えめにしました。
DSCF7170062.jpg
それでは土の階段が崩れない様に木材を設置していきます。
下から3番目の木材と一番上の木材との高さがあまりにも違いすぎる。
これほど差があると歩く時につまずいてしまうので少し修正をしていきたいと思います。
DSCF7171063.jpg
階段の高さに不自然が無いように修正をしていきます
DSCF7173065.jpg
あまりやりすぎると収拾がつかなくなるので修正はこの程度としてします。
木材の高さはある程度合わせることができたので、汚し表現を行います。
人が頻繁に上り下りする場所で、かなり土が付着することが考えられるのでMr.ウェザリングペーストをつかって思いっきり汚します
DSCF7174066.jpg
かなり陣地らしく仕上がってきました。次に外側に木の棒を埋め込む作業に入ります。
DSCF7177069.jpg
家にある爪楊枝を利用します。まあ多少太い気もするが、まあ~いいでしょう
DSCF7180072.jpg
爪楊枝を刺す!
DSCF7182074.jpg
爪楊枝をカットする!
DSCF7184076.jpg
作業はこれだけ!本当に簡単!でも効果はバッチリ
dansa.jpg
モッキーがサバゲーでよく行っている千葉のシマックスさんの土の階段です。
こんな感じで出来上がりました。
DSCF7176068_20180203222139311.jpg
次は戦車壕の土留めの丸太を設置して行きます。
今度は爪楊枝は使えません!さすがに太さは全然違うので!
Mr.ネコの手・持ち手棒ミニクリップを利用していきます。
DSCF7187079.jpg
土留めの板の高さに合わせてカットします。
DSCF7190082_201802032221376cc.jpg
カットした丸太を適当に設置していきます。
DSCF7193085.jpg
今回はたいした作業じゃあ~ないけど、ジオラマを表現するには重要な要素の小物です。次回も小物編とします。
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!





テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/04(日) 09:17:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記24 ジオラマその6 ベース枠の作成

DSCF7109001.jpg
ジオラマを作るのって結構大変!・・・だけど・・・だんだん出来上がってきました
今回は台座に地面の発泡スチロールを取り付けてとベース枠を作ってきます
購入したのはカワイのバルサ材 5×80×600を2個。近所のホームセンターで購入
DSCF7112004.jpg
高さが8cmもあるので半分に分割します。定規で中間線の引きます。
DSCF7115007.jpg
先ほど引いた中間線に沿ってPカッターで切れ込みを入れてから、よく切れるデザインナイフで慎重に刃を入れます。
DSCF7118010.jpg
5×40×600のバルサ材が4つ出来上がりました。これだけあれば全周にベース枠を巻けます。
DSCF7119011.jpg
さて切断したバルサ材に色を塗っていきます。以前使って残っていたカラーニス(ローズ色)を使用します
DSCF7120012.jpg
刷毛を使って軽く1回ニスを塗っていきます。
DSCF7127019.jpg
塗って乾かした後に表面にブツブツが多く出来た!カラーニスが少し濃かったのかもしれない!?
仕方がないのでタミヤのサウンドペーパー400番で表面を少し滑らかにします。
DSCF7129021_20180120182423b10.jpg
今度は薄め液で少し希釈したカラーニスを再度塗ってきます。
DSCF7137029.jpg
地面を作った発泡スチロールの裏面に多めに木工用ボンドつけていきます。そして台座にしっかり貼り付けします
DSCF7142034.jpg
発泡スチロールの側面にも木工用ボンドつけてからバルサ材を取り付けます
DSCF7143035.jpg
厳密に図りながら切ったはずなのだが多少飛び出た部分があったので、飛び出た部分を削りました
DSCF7145037.jpg
しっかり固まるまでテープなどで固定してしばらく待ちます
DSCF7146038.jpg
多分手順が逆だと思うんだけれども普通はベース枠を作ってから地面を作成するんだけれども
モッキーは地面を作ってからベース枠を作成したので当然隙間ができます
DSCF7147039.jpg
ここは焼石膏を使えばOK!
DSCF7149041.jpg
水で溶いた焼石膏をジオラマの地面の開いている所に流し込みます
DSCF7152044.jpg
こんな感じで焼石膏を入れたら隙間が埋まりました
DSCF7153045.jpg
焼石膏がしっかり固まってからMr.ウェザリングペーストのマッドレッドで塗っていきます
DSCF7151043.jpg
さて最後の仕上げの段階です少し飛び出て削った部分の表面が粗いためヤスリなので滑らかにします
DSCF7160052.jpg
最後にカラーニスを1回ぐるーーと全周に塗っていき、乾いたら完成
DSCF7163055.jpg
お!なんか?ジオラマだーーー!?って感じに仕上がってきました。
まあ近くで見るとムラになっているわ!少し隙間があいているわ!って手作り感たっぷりだけど!そこはジオラマ初心者なので勘弁してくれ!
でもまだジオラマは続く!次回は小物を作っていきます。

頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!
click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/21(日) 12:02:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記23 ジオラマその5 今年最初の作り始め 土嚢の作成

DSCF7002002.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年もモッキーのお気楽プラモ道をよろしくお願いします
さて今回はジオラマの続きで土嚢の作成をしていきます。
土嚢は2種類あります。重さで潰れた下積み用の土嚢が36個と上積み用土嚢が12個
まあ土嚢なんて元々完成度が高いから適当に切って色を塗って重ねて終わり!?そんな感じで作れるんだけどもちょっとひと工夫しながら作成していきます


DSCF7004004.jpg
普通に土嚢をおいたら、隙間ができてしまいます。
土嚢自体は柔らかいものので地面にぴったり接地してないとおかしいですよね!?
DSCF7006006.jpg
接着剤とつけてからMr.ウェザリングペーストのマッドレッドを押しつぶすように土嚢を置いていきます。
そうすると地面との隙間がなくなります。
DSCF7007007.jpg
手についたMr.ウェザリングペーストのマッドレッドを土嚢に擦り付けます。そうすると土で汚れた感じがでます。・・・が・・・少しやりすぎ?
DSCF7034011.jpg
さて問題の色です。着色されている色はタンより少し明るいセルカラーに近い色かな。
土嚢に使う袋ってたぶん麻袋なんじゃないかなあと思うんだけども?
そうなると少し黄色がかった色の方がイメージ的には近いんだけど、帝国陸軍の土嚢の色って実際にどんな色をしてるんだろう
麻袋だとしたらタンが、かなり近い色なんだろうとは思うけど・・・ここは少し色を変えてカーキ色にしました
そのほうが少し戦場ってイメージになると思うので!?軽い気持ちでカーキー色にしました。
DSCF7038015.jpg
九二式重機を土嚢の上に置いたら重さによって土嚢がへこむよね。土嚢のへこみ作っていきたいと思います。
重機の脚位置にペンでマーカーをつけます
DSCF7039016.jpg
熱々に熱した半田ごてで先ほどマーキングした土嚢の表面を少し溶かしていきます。
DSCF7043020.jpg
そのままだと単なる穴が開いている土嚢になってしまうので、ミニルーターを使って穴を少し滑らかに広げていきます
DSCF7044021.jpg
まぁ実際には重機の脚で見えなくなってしまう為、こんな程度のへこみでいいかなって気がします
DSCF7050027.jpg
土嚢を3段に重ねてみたが、少しバランスが悪い・・・銃座の防御陣地としては馬蹄形に土嚢を積むのが良いと思われる
なのでもう少し土嚢を増やします。
DSCF7074030.jpg
凸部に土嚢を乗せるとかなり浮き上がってしまう。
先ほどの様にMr.ウェザリングペーストを下に敷くか、浮き上がってる所を削るかしないといけないのだが他のアプローチで修正していきます。
今度は少し土嚢の形を変えていきたいと思います。先ほど使った半田ごてで、土嚢の後ろを削っていきます。
土嚢の裏から慎重に半田ごての熱によって溶かしながら削っていきます。
DSCF7075031.jpg
強く折ると、ポキっと亀裂が入るので後ろから半田ごてを軽くつけながら少し指先で押していきます。
そうする事により、良い角度で曲がりました。
DSCF7098034.jpg
溶けた部分に瞬間接着剤ゼリー状をたっぷりつけて、硬化するまでしばらく放置してから削ります。
DSCF7100036.jpg
折り曲げた土嚢を置きます。
DSCF7102038.jpg
正面に3段の土嚢。左右に2段の土嚢を配置します。
DSCF7105041.jpg
土嚢にMr.ウェザリングペーストのマッドレッドを少し擦り付けて完成となります。
土嚢一つをとっても、創意工夫をすると、かなり見栄えの良いジオラマが出来ますね
最後までこのカーキー色で良かったのか?って思いもありますが、まあそこはプラモの世界だし・・・あまり気にしない。
そろそろこの長くダラダラ続く作成記も終盤です。今年もダラダラ続きますのでよろしくお願いします。

頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!
click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/08(月) 19:22:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記22 ジオラマその4 地面と雑草の作成

DSCF6630060.jpg
ジオラマの作成です!地形を発泡スチロールと粘土で作ったのだけどまだイメージからほど遠い
千葉の土S
モッキーがサバゲーで千葉のフィールドに行った時の写真です。
そう!千葉の土ってこんな感じなんだよね!こう言うジオラマを作りたい
DSCF6634064.jpg
千葉県の土壌の考察でも書いた通り八千代周辺の土の分類は黒ボク土になるようです
黒ボク土は黒くてホクホクしているのでそう呼ばれています。
茶褐色より黒が強めな土になります。
その色に近い土を作りたいと思います。GSiクレオスさんのMr.ウェザリングペーストのマッドレッドとマッドブラウンを合わせます。
DSCF6638068.jpg
マッドブラウンが比率的には多く入れます。そうそう!土のイメージはこんな感じですね
DSCF6643073.jpg
着色した粘土の上から色を乗せていきます。盛り土の所は少し茶褐色を強くして、色を変えています。
DSCF6652005.jpg
重量35トン以上もある戦車が千葉の塗装していないところを走るのだから当然履帯跡がつかないとおかしいのでそれを作ります。
戦車の履帯の幅に合わせてデザインナイフですこし切れ込みを入れます。幅に合わせて彫刻刀で削っていきます
DSCF6654007.jpg
戦車を置く位置まで切れ込みを入れます。その先は履帯が乗るので見た目分からないので作業を省きました。
DSCF6657010.jpg
ダイソーで買った石粉ねんどをカットした幅に合わせて少し厚めに乗せていきます
DSCF6658011.jpg
石粉ねんどが固まらないうちに戦車の履帯を押し付けて形を作ります。・・・パキ!
嫌な音がしました。(;^_^A
幸い接着したところが外れただけで、パーツの破損はなかったのでセーフです
DSCF6663016.jpg
石粉ねんどが固まったら色を乗せていきます。少し暗めかな
DSCF6664017.jpg
思いっきり戦車を押し付けていないので多少跡の形がクッキリしていないが戦車がここに置いてから数週間が経過しているので、出来立てほやほやというよりは
少し履帯跡が崩れている表現ができたから結果的にはOKかな。
DSCF6649002.jpg
地面に土の色をしたのは良いが、雑草が全くないのもこれまたかなり不自然だから、雑草の作成に取り掛かります。
千葉で通勤の際に斜面などを見ると、白く枯れた草などがあります、それを作りたい。
ホームセンターで100円くらいの安いハケを発見2個ほど購入
DSCF6670023.jpg
色合いが丁度枯れ草みたいな色になっているのでそのままカットして斜面にのせます。
DSCF6684036.jpg
木工用ボンドは水溶性なので、霧吹きにボンドと水を入れてよくかき回してボンドを溶かします。
DSCF6686038.jpg
木工用ボンドを霧吹きで載せた枯れた雑草に吹きかけます。
DSCF6692044.jpg
ベースとなる枯れた雑草はこんな感じで出来上がりです。
DSCF6756105.jpg
草色に着色したハケを同様にカットします。
DSCF6758107.jpg
これは地面から突き出た形で植え込みます。でもすぐに面倒になったので、枯れた雑草同様にハサミでカットして乗せました。
DSCF6761110.jpg
ハケの雑草だと弱いので和巧さんのジオラマアクセサリーシリーズ 雑草IIIを使います。

DSCF6763112.jpg
気が遠くなるほどの数の雑草がついています。この雑草のうち半分も作ってません!大体44本位作りました。
・・・でも作業はそれほど難しくありません。細かく切れ込みが入っているのでけっこう楽に雑草を作れます。
DSCF6770119.jpg
良く切れるデザインナイフで台紙から丁寧にカットします。
裏からピンセットで軽く押し当て、草のくせを付けます。
DSCF6771120.jpg
裏面に木工用ボンドを軽くつけてからピンセットでつかみながら丸めていきます。
途中手のひらと指でクルクル回しながら形を整えるのもアリです。モッキーはそうしました
DSCF6772121.jpg
最後に指でギューギューと力を込めて形を作ります。
DSCF6774123.jpg
ボンドが乾いたら、葉を整えて根本をハサミでカットして出来上がり
DSCF6922S.jpg
根本に木工用ボンドをつけから斜面に植え込みます。しっかり固定してから草色を所々筆塗りして色を変化させています
春の設定なので、雑草が生い茂っているよりは多少ばらけていたほうが良さそうなので、この位の分量の雑草にしました。
斜面上の陣地は丘を切り崩して造ったものだから雑草が生えているのも変だからここは植えない。
決して雑草を作るのに飽きたので作業を切り上げたと言う分けではないですよ・・・(震える声
さて今年の五式中戦車と九二式重機関銃作成記はこれにて終了
来年もまたダラダラ続けていきますので、興味がありましたら覗いてみてください
それでは良い年をお迎えください。今年一年ありがとう!来年もよろしくお願いします。<(_ _)>
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
プラモの購入はホビーサーチで!



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/24(日) 14:01:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ