ミリタリープラモをメインに作成しています

五式中戦車と九二式重機関銃作成記6:車輪の憂鬱

DSCF50400002.jpg
モッキーのだいっ嫌いな車輪の作成する前にある程度車体も出来てきたので車体の話を少し進めます。
DSCF50470009.jpg
主砲が金属パーツと言う事もあり、塗装する前に全体にサーフェィサを吹いて下地を作っておきます
DSCF50490011.jpg
車体にもサフを吹きます。せっかく白で塗った車体内部にかからないように、ティッシュをくるめて入れてあります
DSCF50560018.jpg
車体の下地の完成です。
DSCF50580020.jpg
さてここからが本番です。車輪の作成です。ハァ~(ため息
車輪と書いたが、正確に書くと複列転輪です。すでに誘導輪・起動輪・上部支持転綸は作ったので
この複列転輪を32個作成します。ハァ~(さらに深いため息
DSCF50610023.jpg
パーツから切り出しですが、部品が曲がっているので、パーツから少し離してゲートを切る。
またパーティングラインが少し強めなので、ここも処理していきます
残ったゲートとパーティングラインは便利グッズMr.ポリッシャーPRO 軽作業用で削っていきます。

↑上の写真をクリックすると購入できます
DSCF50630025.jpg
こんな感じでひたすら削っていきます・・・しかも32個も・・・同じ作業が続きます。ハァ~(再び深いため息
DSCF50690031.jpg
や・・・やっと複列転輪と誘導輪・起動輪・上部支持転綸の完成です。これからサフを吹いて下地を作っていきます。
でも車輪の塗装って持ちながら塗料を拭くのって結構面倒。手につくし、乾いていない所を触っちゃったりして!
DSCF50700032.jpg
新兵器を購入
ネコの手ステーションとネコの手持ち手棒 (36本入り)


DSCF50730035.jpg
ネコの手持ち手棒は便利だなぁって思うけど、正直ネコの手ステーションはビミョー(苦笑
この値段を出して買うか?ダンボールなどで代用するかは君しだい
DSCF50750037.jpg
このように手に持たずにクリップに挟んで塗装できるのがとってもグッド!でもちょっとクリップが強いかな
直接つまむと多少傷がつく場合があります。その場合マスキングテープなどでパーツの部分に貼ってからクリップで挟むと良いですよ
DSCF50800042.jpg
サフを吹いて仕上がり確認をしてみると!やっぱりパーティングラインとゲート部分が残っている箇所がある。
また削って、サフを吹いて仕上がり確認作業が延々と続く。ウッキー・・・ため息を通り越して怒りがこみ上げるモッキー(苦笑
DSCF50780040.jpg
これで一通り車輪が完成した!次は車体の塗装に移りたいと思います。
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 19:03:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記5:五式七糎半戦車砲の作成

IMG_68500046.jpg
さぁ~戦車砲の作成です!戦車を作る時に戦車砲を作成するのが一番戦車を作っている感があります。だって一番目立つ部分だもん!
戦車砲のない戦車は・・・ただの四角い箱さ(笑
戦車砲を作る前にちょいと雑学
元々の計画だと戦車砲は射程1000mで200mmの装甲を打ち抜ける10糎半(105mm)を考えていたけど、日本の技術では105mm砲の搭載の旋回砲塔を持つ大型戦車の
開発は無理と判断し七糎半(75mm)砲に落ち着いた。
この七糎半は53口径の初速850mで一式徹甲弾を使用すれば1000mで厚さ75mmの装甲を撃ち抜ける
この威力はドイツのⅣ号戦車の長砲身75mm砲に匹敵する。

さて肝心の米軍の主力戦車のM4シャーマンとやりあった場合、距離500mでシャーマンの前面装甲を撃ち抜ける
だがM4の後期型は主砲を52口径76.2mm戦車砲に切り替えたM4A3が作られ、最初はヨーロッパが中心だったが、硫黄島の戦いから徐々に太平洋戦線にも回され
本土決戦の時はこのタイプが大半だと想像ができる
76.2mm砲は距離914mで88mmの傾斜装甲を貫通できるので正面装甲75mmの五式を楽々撃ち抜けるから、正面からやりあうと五式が不利になる
本土決戦の場合、地形をうまく利用して、有効射程距離まで引き込み、一撃離脱しながら戦うしか日本戦車が勝つ方法がないかもしれない
IMG_68510047.jpg
さてうんちくはこの辺にして、作成記に戻ります。
砲身を駐退複座器がある部分に接着します。瞬間接着剤を使ってぴったりくっつけます。しっかり奥まで刺して、砲が傾いていないかしっかり確認します。
IMG_68530049.jpg
金属部分には塗料の食いつきが良くなるようにMr.メタルプライヤーを砲身に塗ります。
IMG_68550051.jpg
四式七糎半高射砲をベースに五式七糎半戦車砲を開発した。この砲の最大の特徴は写真中央部分にある装弾機
自動装填装置で砲手が砲尾の装弾機に砲弾を載せると閉鎖機まで砲弾を機械的に装填する装置で、実際には動作不良が多く改良に手間取り、結局終戦まで間に合わなかった
IMG_68570053.jpg
各部品をカーキー色で塗装します。
IMG_68590055.jpg
こういう細かく細い部品もあるので、折れないように慎重に取り付けます。部品が折れると、心まで折れます。(たぶん・・・笑
IMG_68610057.jpg
駐退複座器がある部品に各パーツを取り付けます。
砲身が上下可動するので、接着する部分を間違えないように注意しながら取り付けます
IMG_68660062.jpg
これで五式七糎半戦車砲の完成です。なんかとてもカッコいいですね。
後工程で戦車の砲塔の中に隠れてしまい、この勇姿を拝める機会はこの後はなくなってしまうのがとても残念でなりません
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 19:02:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モッキー サバゲーの地にて、斯く戦えり 20話 激安スコープを試してみる

DSCF51250004.jpg
IMG_6323S.jpg
今年初めてのサバゲーネタです。今まさにサバゲーシーズン到来です!これからサバゲーでガンガン遊びます。
モッキーの持っているMP7A1震閃電カスタムにはEAGLE FORCEのクアトロV4ドットサイトがついていますが、おっさんはメガネをかけても遠くを見るのは苦手
しかもビビリンなので、前方に敵が潜んでいると思うと、なかなか前進できない
そこで索敵用にスコープを取り付けようと考えました。
DSCF51300009.jpg
今回購入したのがKINGMAS ライフルスコープ3-9×40E光度11段階輝度調整可能20mmマウントリング付き (3-9×40E)
購入金額はなんと¥2455円・・・安!
こんな安物のスコープで役に立つのだろうか?
なんちゃってスコープの割にはしっかりした作りです。海外メーカーだから取説は英語です・・・だから読めません!きっぱり
サイズは32.5cmと長くてデカイデス
生意気にも3-9倍率の可変式スコープだが6倍ぐらいまでが実用的だと思います。
しかも付属品はレンズカバー、テスト電池(内蔵)、手入れ用布、マウントリング/固定用台座(20mm)1組、固定用6角レンチと贅沢
コスパはメチャクチャ高いです!あまりこだわらない人で安いスコープで問題ない人にオススメです
とりあえず生中みたいなノリで気軽に注文できるスコープです(笑

DSCF5240112.jpg
ミルドットレティクルパターンは点灯無し+グリーン5段階+レッド5段階輝度の11段階輝度調整付で写真左の様に光ります。
接眼レンズ部分は約3cmでアイリリーフは約8cm前後なので比較的大きく見えます。
DSCF5178111.jpg
写真上左:的までの距離約20mの全体写真 右:3倍率
写真下左:6倍率 右:9倍率
多少後ろの建物が映りこんでいるけど、実際にサバゲーの森林フィールドで使用したけど、全然問題ない
9倍は試していないけど、3倍~6倍で索敵に十分耐えられる性能です。
DSCF5137.jpg
早速スコープを載せてみました・・・MP7A1には不釣合いなほど大きなスコープです(゚△゚;ノ)ノ
しかも黒なので(当たり前だけど・・・)迷彩からはとっても浮いたスコープになります。
DSCF51380017.jpg
ここからはオマケ編です。興味がなければ読み飛ばしてください!
いつものように迷彩を施します。まず文字がつぶれない様に塗装をしたくないところにマスキングテープを貼ります。
すこし説明をハショリマス!ので詳しく知りたい方は下のMP7A1迷彩塗装カスタムをクリックして参考にしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ クリック ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IMG_6348081.jpg
DSCF51310010.jpg
金属パーツに塗装するので、下地処理として
そめQ プライマー スプレー ミッチャクロン
を使用します


DSCF51400019.jpg
下地が黒色にタンカラーの様な淡い色を塗装してもあまり色が乗らないため、高い隠蔽能力のあるサーフェイサー(サフ)を吹いて黒色を隠します
DSCF51430022.jpg
全体にタンカラーで塗装をかけます。
DSCF51450024.jpg
ダークグリーンで線を描いていきます。
DSCF51470026.jpg
次にレッドブラウンを乗せていきます。
DSCF51500029.jpg
エナメル塗料のフラットブラックに溶剤でたっぷり薄めてから汚し塗装を行います。
DSCF51510030.jpg
乾いてからティッシュに溶剤をつけて、汚したところを適当に拭き取ります。
DSCF51520031.jpg
つや消し仕上げ塗料をひと吹きします。
DSCF51540033.jpg
100均のダイソーで買ってきた造花の葉っぱを取り付け擬装処理を施します。
DSCF5158S.jpg
迷彩塗装をしてMP7A1にぴったりマッチするスコープに早代わりしました。
・・・それはさておいて
この値段でしっかりした作りでスコープ入門機としては十分でコスパはかなり高いと思います。

頑張ってブログしています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

テーマ:サバイバルゲームや装備について - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 18:44:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記4:一式三七粍砲と九七式車載重機関銃の作成

IMG_67310017.jpg
随分久しぶりの更新になった気がする。それには理由があるんです!
風邪を引いて寝込んでいました。・・・嘘です(//>ω<)
受験勉強です・・・もっと嘘です(ノω`*)ノ
ちょっと怠けていました・・・かなり本当
でも一番の理由は年末から欲しくてもなかなか手に入らなかった
プレイステーション4 PRO をゲットしたことです\(^o^)/
ブログ:念願のPlayStation(PS)4 Proを手に入れました 出荷できる状態になったみたいです!
その為、なかなかプラモを作る時間が取れなくなっています。なので遅いブログの更新がさらに遅くなるみたいです(苦笑
まあ~プレステ4の自慢話はこのくらいにして、プラモ作成の話に戻します
今回と次回は車載砲に関してお伝えします。
この五式中戦車には53口径75mm砲と46口径37mm砲の2門ある世界的にも珍しい多砲搭載戦車になっている。
IMG_67290015.jpg
37mm砲を取り付ける部品を切り取り、ゲート部分はMr.ポリッシャーPRO 軽作業用で削っていきます。

↑上の写真をクリックすると購入できます
IMG_67320018.jpg
37mm砲をこんな感じで取り付けますが、この先まだ作業は続くのでこのタイミングで取り付けると破損の恐れがあるため後工程で取り付けます。
さて37mm砲に関して少し見ていきます
対戦車砲として37mm砲が搭載されているが、1000mで25mmの貫通能力だとさすがにM4中戦車の前面装甲76mmは当然無理だし
車体後面の38mmもゼロ距離射撃でギリギリ貫通できるかどうかって威力だね
こんな砲はいらないだろ?って思うけど、非装甲のトラックや機関銃陣地、対戦車砲などならこの砲でも十分だし主砲の弾薬の節約にもなる。
IMG_67360022.jpg
接着剤をつけてぴったり手で押さえて接着します。
IMG_67400026.jpg
37mm砲自体はつや消しホワイトで塗装し薬莢受けはカーキで塗っています。
IMG_67420028.jpg
肩当部と照準眼鏡はつや消しブラックで塗装します
IMG_68220032.jpg
九七式車載重機関銃はかなり精密な作りなっています。
ちなみに口径7.7mmで日中戦争から太平洋戦争の終戦まで使用された日本の主力車載重機関銃です。
IMG_68210031.jpg
まずは37mm砲を取り付けます
IMG_68240034_20170204194950f27.jpg
37mm砲が接着し終わったら九七式車載重機関銃も取り付けします
IMG_68260036.jpg
先ほども書きましたが、37mmと重機関銃の砲身部分は車体がある程度出来上がったら取り付ける予定です。
IMG_68410037.jpg
車体前部のハッチを取り付けようとした時に、トラブル発生!
ハッチの取っ手部分をピンセットでつまんでいたらピーーーーーーンっと弾けて部品が飛んでいってしまった((((;゚Д゚)))))))
それから1時間近く必死の探索を行ったが、この小さい部品を、パーツで埋もれているモッキーの作業場で見つけることは非常に困難で・・・
IMG_68490045.jpg
諦めて自作をしました。
多少不恰好だが、なんとか形は整えました
IMG_68450041.jpg
今はまっているゲームがこれです!第一次世界大戦で戦っています
バトルフィールド 1

ゲームもやっぱりミリタリー(笑
icon
icon
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/04(土) 20:18:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五式中戦車と九二式重機関銃作成記3:今年もモッキーのお気楽プラモ道をよろしくお願いします

IMG_6679048.jpg
新年あけましておめでとうございます
今年もプラモ作ったりサバゲーしたりと言った1年です。そんなモッキーのお気楽プラモ道をよろしくお願いします。
さて五式中戦車の作成記をはじめたいと思います。
まずは誘導輪を作ります。こういう円形のパーツって結構面倒なんだよね
パーツの切断の仕方は少しゲートを残して切り取ります
あまりギリギリに切断すると断面が白化してしまったり、パーツを削ってしまったりします。特にパーツ面が曲がっている所の切断には気を使います
便利グッズMr.ポリッシャーPRO 軽作業用で削っていきます。

↑上の写真をクリックすると購入できます
IMG_6680049.jpg
Mr.ポリッシャーであまり削りすぎると真円ではなくなるので、様子を見ながら少しずつ削ります。
IMG_6681050.jpg
少しパーティングラインが目立つのでフィニッシングペーパーで削っていきます。
IMG_6697060.jpg
誘導輪・起動輪・上部支持転綸を作りました。この後、転輪を32個作らないといけない
そうそう!何故モッキーが戦車を作るのが苦手だったのか思い出した、この転輪を作るのがめんどくさいから苦手だった
だから転輪は後の工程に回します・・・この後の苦行が目に浮かぶ(汗
IMG_6699062.jpg
車体前部に起動輪を取り付けます。
IMG_6703066.jpg
日本戦車伝統の平衡式連動懸架装置の土台の取り付け
IMG_6705068.jpg
緩衝機能として転輪2個に対してアームを接続し、走行時の衝撃を緩和する。
その緩衝機能のカバーを左右に合計4個設置。
IMG_6709072.jpg
このような形で左右の作成を進めます。まだ正月明けでおとそ気分がまったく抜けず、作業は正月休み状態でなかなか進まない
まぁ~今年もダラダラ記事を掲載しますので、まったりお付き合いいただければ幸いです
頑張ってプラモを作っています!応援して頂ける方は下のピヨコちゃんをクリックしてね!

click.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


プラモの購入はホビーサーチで!




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/08(日) 11:29:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

iconicon iconicon iconicon iconicon iconicon iconicon ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア